FC2ブログ

 黒猫館へようこそ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女友達 第一章

   


連続官能小説  女友達 (Girlfriend)


    第一章 


     レイとアスカ



 レイは都立高校に通う16歳、次の週末は同級生の

アスカの家で過ごすことになっていた。

アスカとは幼なじみで高校までずっと一緒の親友である。

週末はアスカの家族が留守になることが多く 

これまで何度も泊まった事がある。

いつも二人で留守番をしている様なものだが

今回は違っていた。

近頃 少し元気がなく悩んでいる様な

レイの事を心配して強引にアスカが誘ったのだった・・・。





「ねぇー レイ、ビール飲もうよ? 

チュウハイとどっちがいい?」 アスカの問いに


「えぇー 大丈夫? おばさんたちにバレない?・・・」


「大丈夫だって!、母さんたちには絶対にバレッこないよ」


そう言ってバスタオルで髪を拭きながら

アスカはキッチンの冷蔵庫から冷えたビールを2本持ってきた。

そして 1本をレイに渡すとゴクゴクと喉を鳴らして飲み始めた。


「アスカ よく飲んでるの?」


「時々ね、お風呂上がりに飲むんだよ、

 こうやって腰に手を当ててね・・・。」


「フフフッ・・じゃー 私も・・・。」

そう言ってレイもアスカの真似をして腰に手を当て

ならんで飲み始めた・・・。






「えぇーっ! マジで! それってヤバくない!!?」

夜も更けてそろそろレイの悩みを聞き出そうと

一緒にベッドに入ったアスカはおどろいて大きな声をあげた、

レイの気持ちを解そうと一緒に飲んだビールで

ほろ酔い気分だったがそんな気分はふっ飛んでしまった。

それまで寝転んでいたが 慌てて ベッドの上に正座して

「ほんとなの?」

「うん・・・」

レイはゆっくりとうなずいた。

「シンジにいちゃんの事が好きなの・・・。」


「でも 本当の兄妹じゃなかったとはねー 

驚いたよ、いつ分かったの?」


「半年ぐらい前にね、お母さんが親戚のおじさんと

電話で話してるのを偶然聞いちゃったの・・・。」


兄と自分は本当の兄妹ではない・・・。

その秘密を知ってから、レイは兄を異性として

意識するようになってしまったというのだ。

もともと幼いときから大好きな兄ではあったが

家族としてではなく異性として好きになってしまったと・・・。


「お兄ちゃんはその事知ってるの?」



「知らないと思う・・・多分・・・。

でも 最近なんとなく変なの

冷たいような・・・すごく優しかったのに・・・。」



「そうだよね 私にもすごく優しいお兄ちゃんだったもんね 。

私もちょっと憧れてたんだから・・。」


 少し残念そうにアスカが言った。



「・・・・・。」

「・・・・・。」



「で、 レイはどうしたいの? 告る?」

長い沈黙のあとアスカが口をひらいた。



「どうしていいか解らないの・・・でも怖い・・・。」

レイが目をふせたままぽつりと言った。


「だめだよ、恋はちゃんと成就させないと・・・。

私が味方してあげるからさ!」


「・・・・・。」沈黙するレイ。


「うーん  そういえばレイってまだバージンだったよね。」



「・・・うん・・・」

レイは思いつめた表情でゆっくりうなずいた。


「じゃあ、お兄ちゃんに捧げちゃう?」

そう言うとアスカは不敵にニヤリと笑った。


「とにかくレイは頭が固いし 引っ込み思案で

奥手ときたもんだから今まで損してるんだよぉ

そんなに可愛いのに・・・

まあ、生まれつきの性格っていうのかな? 

私みたいに図々しくならないとだめだよ!」


「・・うーん そうなのかな?」


「絶対そうだよ、 そうだ この際、私がちょっと

柔らかくしてあげるよ 積極的に成れるようにさ。」


そう言ったと思うと、レイの頬を両手でそっと挟み込むと、

顔を近づけてきた。


〈 えっ、なに?、ちょっとアスカ ! 〉声にはならないレイ


そう言おうとしたが唇をアスカの唇にふさがれてしまった。


「んんーんっ!」


〈 えぇーっ、ちょっ ちょっとぉー!〉 頭の中で叫んでいた。


最初はふざけて チョン!

とするだけのフレンチキス だった。

でも次にアスカはレイの頭を

両腕で抱え込み唇を重ねてきた。

もうレイには逃げようがなかった、

ついには深々と舌を差し入れられてしまった。


「ん・・っぐう」


レイの舌をアスカのそれがまさぐっていた。

少し酔っていたので気持ちが

大きく増幅してしまったのだろうか?。

アスカは〈チュパ チュパ〉と音を立てて

レイのその薔薇の蕾の様な唇を吸い、舐め回した。

口づけながら自分が立てているその音に

より一層の興奮を覚えた。

切ない表情のアスカ・・・心に火が着いてしまったのだ・・・

その目は潤んでいた。

見つめ合うレイの心にもその炎は飛び火してしまったようだ。・・・

レイも切ない表情で目を潤ませていた。



お読みくださってありがとうございます・・・

続きをお楽しみに・・・。
              (執事:セバスチャン)


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

女友達 第二章

 

   
連続官能小説  女友達 (Girlfriend)


     第二章 


      ベッドの上で・・・。




アスカが両腕でレイの腰をしっかりと抱きしめると、

レイも両腕でしっかりとアスカの首にしがみついてきた。

「レイ・・ 大好きだよ・・・」

アスカは耳元で囁きながら熱い吐息を吹きかけ

レイのその柔らかい耳たぶを噛んだ。

もう一度唇を重ねると左腕を背中に回し

右手でパジャマのボタンを器用に外し始めた、

そして そっと手を差し入れると

レイのまだ十分には成熟してはいない乳房を包み込んだ。

唇を愛撫され 舌が絡み合い、前歯の歯茎の裏を舐められながら

レイはその初めての感覚に戸惑いを覚えていた、

そしてアスカの右手のしなやかな指が

少し埋もれていた乳首を探り当て摘み出して

絶妙な力加減でころころと転がすと乳首は硬く、膨らんだ。


「あっ、」「あぁっ、」


レイはビクッと大きく体を揺らした。

そしてアスカの唇がレイの乳房を愛撫し始め、

乳首がその舌先でもてあそばれると、

「はあっ はあっ あんっ、いやっ、ああんっ・・・」

〈 いやっ・・私どうなるの? このまま どうにかなっちゃうの? 〉

 と レイは心の中で叫びながら 

味わったことのない甘い誘惑の縁へと堕ちていった。

アスカはレイの後ろに回り込み 、両方の手で乳房を、

ゆっくりと揉みながら舌で耳から首筋へ

そして背中へと愛撫を広げていった。

右手はゆっくりと レイの まだ硬く閉ざされている花弁を

ショーツの薄布の上から束ねた指先でなで上げ始めた、

そしてまだ埋もれているであろう 一番敏感な花の芽の周りを

ゆっくりと円を描くように優しく丁寧に愛撫し始めた。



「はあっ、はあっ、ああっ、・・・」

「ああっ、、あああっ・・・」


少し声が甲高くなってきた。


手がショーツの隙間から差し入れられた・・・

レイの秘密の花園の大切な花弁を隠すように

なだらかな丘から土手へと生え揃ったばかりの若草の茂みの奥にまで 進み

大切に隠されている花の芽を今度は直に・・・さらにゆっくりと円を描くように

優しく、優しく、丁寧に、丁寧に愛撫し始めた。

「はあ! はあ! あぁっ!・・・」


その奥の花の中から蜜がにじみ出し指先を濡らしはじめた・・・

ヌルヌルとした蜜の潤みで花弁の一枚一枚をゆっくりと・・・

滑りが良くなった指先は また違った感覚を与えたのだろう

レイはビクン!と大きく体をのけぞらせ


「ああっ!!・・・・」 と


初めての経験にひときわ甲高く

叫び声にも似た声を上げ上げガクガクと震えた。



お読みくださってありがとうございます・・続きをお楽しみに・・。
              (執事:セバスチャン)



       

女友達 第三章

   

連続官能小説  女友達 (Girlfriend)


    第三章 

     ベッドの上で‐②







アスカはぐったりと力の抜けたレイの躰を

パジャマを脱がせながらベッドに寝かせた、

そしてレイの躰の隅々まで手指と唇、舌を

巧みに使い愛撫を続けた・・・。 

宝物がどこに埋まっているのか 探し出すように・・・。

アスカの愛撫は続いた・・・。

いまや 小さなさざ波が

大きなうねりとなってレイに押し寄せていた。

まつ毛の先から、唇、首筋、背中、脇腹、

脇の下、肘、膝の裏、手足の指の一本一本に至るまで

体中一部のすきなく愛撫し続けた。

そしてレイの両足の間に移動すると

レイの身につけている最後の1枚である 

清楚な白いレースのショーツをゆっくりと下ろし始めた。

レイにはもう逆らう すべは なかった.

レイはもう何一つ身につけていない。



「アスカ、私・・・私・・・。」

「大丈夫だよレイ・・・・心配いらないよ。」


アスカはにっこりと微笑んだ。


「恥ずかしい・・・。 お願い、灯リを消して・・・。」


消え入るような声で・・・

レイはアスカに灯りを消すように懇願した。






  お読みくださってありがとうございます・・・続きをお楽しみに・・・。
              (執事:セバスチャン)


女友達 第四章

   

連続官能小説  女友達 (Girlfriend)


    第四章 


       月灯りの下で・・・。






 灯りが消された・・・。



青白い月灯りがレイの躰を先程よりも

艶かしく浮かび上がらせた。

「もう恥ずかしくないよね・・。」

アスカもパジャマとショーツを脱ぎ

ベッドに横たわったレイの足元に座った。

ゆっくりとレイの足を指の先から愛撫し始めた、

かかと、くるぶし、膝の裏、太腿の内側へと

ゆっくりと愛撫は続いた。

そしていまや熱い蜜で溢れている花弁にそっと口づけた。

花びらの一枚一枚を舌で確認するように

ゆっくりと舐めあげ、くちびるで全体を包み込み

乙女の一番敏感な花芯を覆い隠している皮ごと 少し硬く大きくなった

その芽を舌のさまざまな部分を使って丹念に舐め上げた。

そしてまだ誰にも触られていない花の内側へと

舌を尖らせてそっと入れてみた。



「あっ、あっ、あぁー」

「はぁ・はぁ・もうだめ・、私、溶けちゃいそう・・。」


熱いうめき声と、激しい息づかいのなかで

レイは困惑しているようだった。


「痛くない?」

「はぁ・・はぁ・・うん」



「じゃぁ これは?」

アスカは 口に含み唾液でベトベトにした指を

レイの花の中へとゆっくりと滑り込ませた。

「あっ!」

「痛かった?」

「はぁ、はぁ 少しだけ・・・。」

「でも もう大丈夫 はぁ はぁ

 痛かったけど気持ち・・よかった。」


レイが少し恥ずかしそうに言った。


「よかった、じゃあ次はいよいよ・・・。」


そう言うと部屋の灯りを消す時に

机の引き出しから持ってきた箱を取り出した。


「それ何?」


レイがたずねた。


「私のボーイフレンド・・、今日はレイに貸してあげる」

と、箱から少し小さめのバイブレーターを取り出した。

口に含み唾液でベトベトになったバイブレーターを

レイの一番敏感な花の芽のところにそっと押し当てた 


 [ プチッ ]


スイッチを入れる音がした。


 [ ビィーン ] 


バイブは小さなうなりを上げて震えていた。


「ああーっ!」


今まで味わったことのない 激しい快感がレイの体を突き抜けた。


「あーっ」「だめー」「ああーっ」

「もうー」「あーっ」「いやーっ」


花の芽から、花びらの合わせ目、内側への入り口へと

少しずつずらしていった。


少し埋めてみた。

〈ヌプッ!〉

「ああっ」「あーっ」


レイは体を弓なりに反らした。


「痛かった?」

「・・・・。」


レイは無言で首を横に振った。


「違うの・・いいの・・ああーっ」


思い切って一番奥まで埋めてみようとした。

少し抵抗があった、

〈クチュッ!〉

「痛っ!・・・ あっ あーっ」

〈クチュ クチュッ!〉

ゆっくりと、入り口から奥へと、

何度も、何度も確かめるように入れては戻り・・。

ついには、一番深い所まで・・・。

〈ズウィーンーー!〉

「ああーっ 痛いっ けど・・・い・・い・・」

「アタシ・・・壊れ・・ちゃうの?」


レイが激しい息づかいの中で声にならない声で訪ねた。


「壊してあげるよっ・・・レイ。」


そう言うとアスカは激しくバイブを動かしレイの花の中をかき混ぜ始めた。

〈クチュッ クチュ クチュッ グチュッ!〉

「あああーっ」

悲鳴にも似た絶叫の中、体を大きく反らしたかと思うとがっくりと動かなくなった。

アスカはバイブをゆっくりと引き抜いた、そしてレイの蜜と鮮血で染まったそれを

口に含みきれいに舐めまわし始めた。


「レイの・・匂いだ・・・。」


アスカは小さく独り言を言った。



  お読みくださってありがとうございます・・・続きをお楽しみに・・・。
              (執事:セバスチャン)


女友達 第五章

   
   

連続官能小説  女友達 (Girlfriend)


    第五章 


       月灯りの下で・・・②




 レイは少しの間、気を失っていた。

アスカはそんなレイの顔を見つめていた。

しばらくしてレイが気づいた。

「恥ずかしいからそんなに見ないで・・・」

本当に恥ずかしそうにそう言った。



「ありがとう、アスカ・・・。」

レイは甘えるようにアスカの胸に顔をうずめた、

その目には涙が溢れていた。

「優しくしてくれて・・・私のためにあんなに・・・」

「だから怖かったけど・・・

 アスカだったから・・・怖くなかった。」


「すごく可愛かったよレイ  今までで一番・・・」


アスカはレイの涙を唇で拭った、そして愛しそうにレイを抱きしめた・・・


「もし私が男だったら惚れてるところかな、女でも惚れちゃうかも・・」


そう言って切ない目でレイを見つめた。



〈 これって恋? 私レイに恋したの? 

 私って変なのかな?この気持ちってどうすればいい?〉

アスカは自分にそう問いかけていた・・・・。



心の中ににときめきと戸惑いの気持ちが生まれ始めたのだ。

アスカはレイを抱きしめたその手に力を込めた。・・・・。

     
          
   お読みくださってありがとうございます・・・続きをお楽しみに・・・。
              (執事:セバスチャン)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。